方法は切るだけではない|外反母趾は治療で治せる|足が泣くなら早めに受診を
婦人

外反母趾は治療で治せる|足が泣くなら早めに受診を

方法は切るだけではない

レディ

方法は様々

ワキガの手術というと、臭いの原因となる汗腺を取り除くという方法が一般的でした。しかし、この方法は手術跡が残ってしまうというデメリットがありました。そこで、ワキガ手術の傷あとを最小限に抑えることが出来る方法として、アポクリン汗腺を吸引し取り除くという方法があります。この方法は従来から行われてきた方法ではありましたが、吸引装置の能力が不十分であったためにアポクリン汗腺を取り残してしまうということもありました。しかし、近年では新しい吸引装置を取り入れることにより、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を取り残すことなく効果を得ることが出来るようになりました。クリニックを選ぶという場合には、どのような装置を取り入れているのかを確認するようにしましょう。

術後の過ごし方

吸引装置を用いたワキガ手術を行った場合、手術後数日間は患部を圧迫しておく必要があります。圧迫の方法は様々ありますが、服を着用してしまえば外から分かるということはほとんどありませんので、他の人に手術を受けたことを知られる心配もありません。また、ワキガ手術を受けた場合には、脇の下に色素沈着が見られることもあります。肌の新陳代謝によって、自然を回復することがほとんどですが、回復に時間がかかるようであれば、美白剤を使用することが出来る場合もありますので、気になるようであれば、医師に相談をするようにしましょう。手術費用については、クリニックによって異なりますので、手術の前に確認をすることが大切になります。